当院についてAbout

いっかく皮膚科クリニックは姫路市広畑区にある一般皮膚科を専門とするクリニックです。美容専門のクリニックは敷居が高いと感じられる方もお気軽にご相談ください。

  1. 院長紹介

    皮膚科専門医が診療します。

  2. クリニック紹介

    快適な空間づくりを心掛けています。

  3. 診療時間・アクセス

    診療時間や所在地をご確認頂けます。

肝斑

主に頬骨のあたりに左右対称性にできる、ぼんやりとした茶色いシミです。頬骨部分にできたものは、目のまわりを避けるため、弧状に広がって見えます。ときにはこめかみから額にまで広がっていることもあります。
頬骨部分以外にも、額、口のまわり、頬の外側にできることもあります。
30~40歳代の女性に多くみられ、30歳以上の女性の3人に1人にみられるといわれています。まれに男性に生じることもあります。

原因ははっきりわかっていませんが、紫外線・洗顔やメイクの摩擦によって悪くなるほか、ピルの内服や妊娠・出産がきっかけになる場合があり、女性ホルモンが色素細胞(メラノサイト)を活性化させることも誘因の一つと考えられています。

治療に際して最も大切なことは、「肝斑」と正確に診断することです。
肝斑は老人性色素斑などの他のシミを合併している場合が多く、皮膚科専門医であっても診断が難しいシミです。
肝斑にうかつにレーザー治療をしてしまうと、合併している老人性色素斑が薄くなるので一時的にはきれいに治ったように見えますが、その後、肝斑が悪化して再発する原因にもなります。正確な診断力、治療経験、治療技術が要求される症状です。

当院では、肝斑に対するレーザートーニング(肝斑トーニング)はしておりません。肝斑は機能性の疾患(レーザーで破壊すべき対象がない疾患)であり、レーザー治療をおこなうと一時的に良くなったように見えることもありますが、根治的な治療ではないため再発することが多く、場合により色素脱失をきたすことがあります。レーザー治療後も再発がなく効果があった場合、おそらくそれは肝斑ではなく老人性色素斑に効果があったものと考えられます。

治療はトラネキサム酸やビタミンCなどの内服薬で改善させていく方法が中心になります。
それに加えて、以下のような治療法がございますが、肝斑には、肝斑単独ではなく複数のシミが合併していることが多く、症状に応じて治療法をその都度検討していく必要があります。
短期間ですぐに改善させる治療方法はないため、根気よく治療を継続することが大切です。

しみ・くすみ・肝斑

  1. シミ治療へのこだわり

    当院では日本皮膚科学会専門医、抗加齢医学会専門医である院長が、患者様の症状を丁寧に診察の上、ダーモスコピーを利用し、シミの正…

  2. シミ治療の注意点

    すべてのシミに対して紫外線は大敵ですので、日頃から日焼け止めを適切に使用し、紫外線ケアをしましょう! 洗顔・…

  3. 老人性色素斑

    紫外線が原因の最もよく見られる代表的なシミです。老人性という名前ですが、年齢は関係ありません。 小さな数mmの…

  4. 肝斑

    主に頬骨のあたりに左右対称性にできる、ぼんやりとした茶色いシミです。頬骨部分にできたものは、目のまわりを避けるため、弧状に広…

  5. そばかす(雀卵斑)

    両頬、下眼瞼から鼻にかけて左右対称性に1~3mm程度の小さな茶色いシミが多発します。ときには上眼瞼や口まわりまで広範囲の場合…

  6. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

    頬やこめかみ、額外側、鼻翼に灰色あるいは紫色がかった茶色いシミが左右対称性に集まってみられます。 紫外線や女…

  7. 炎症後色素沈着

    化粧品などのかぶれ、洗顔・化粧の際の摩擦、アトピー性皮膚炎、ニキビ、やけどや外傷の傷痕などが、シミになって残っているタイプで…

  8. お顔全体のくすみ

    くすみはシミではありませんが、肌に透明感がなくぼんやりと暗く見える状態のことです。 くすみの原因としては、メ…

無題ドキュメント